伊豆の苺農家 ジュン・サンベリーファーム
地図はコチラ
 
   ギフト      作業場だより      オンラインショップ      お問い合わせ

お気軽にお電話でお問い合わせください。090-5608-3969(藤尾まで)
※自宅にはほとんどおりませんので、ご連絡は上記携帯かメールへお願い致します。

FAXでのご注文が便利な方は、こちらから用紙をダウンロードしてお使いください。

ヨコ線
  「おすすめ時期カレンダー」(PDF)どんぐり おすすめカレンダーよ♪

シーズンを通して、オススメ果実の収穫見込みをカレンダーにしてみました。ご購入の目安にご利用ください。

ヨコ線


最新の情報はFacebookから♪



ご来店の際のお願い
---------------------
 当農園では、午前中はスタッフ全員畑に出て収穫などの作業を行い、午後から販売所兼作業所にてパック詰めや発送作業を行っております。
 ご予約や直売のお求めは、できるだけ午後1時半以降にご来店くださいませ。
 午前中にお受け取りになりたい場合は、前日の果実をお取り置きさせて頂きますので事前にお申し付けくださいね。

来れ!研修生! 「紅ほっぺ」ギフトはこちらから・・・
静岡県「青年就農給付金事業
(準備型)」利用可能な
認定農家となりました。
新シーズン(2018年11月~)
収穫始まりました!
お歳暮、クリスマスご予約受付中!

     生産者ゴリのこと 
「紅ほっぺ」に魅せられ40代で脱サラ、伊豆で
苺生産者となった関西人。どないやねん・・・。
 親子?  汚染から子ども達を守ろう
当農園の生産物は、培土肥料の全てについて
放射線量を測定し安全を確認しております。


       「安全・おいしい」のこだわり

●9月の本圃定植後、化学農薬不使用
(作の後半6月頃、病害虫多発の為やむを得ず使用する場合がありますが、
 その際はアナウンス致します)
●放射線量を厳しく測定・公開
●「しずおか農林水産物認証」苺農家第1号取得
●「エコ・ファーティゲイション」導入で地球にやさしい栽培管理
●元気な有機培土、こだわりの水、日々の緻密なデータ管理
●「うまい苺をつくりたい、いや、食いたい!」という欲望の持続!

つれあい・純子のブログ
ちょっとお休み中。
(。・ ω<)ゞ
これまでは原発のことを
書いてました。


メール会員様募集中
「今日はオススメの子がたくさんあるよ!」とか、「これからしばらくは在庫がありそうだよ!」などの収穫状況のお知らせを希望されていた皆さま、大変お待たせ致しました。メールでのご案内サービスを始めます。とはいえ、あまり頻繁にお届けする自信もなく、ここぞ!という時のご案内ということをご了承下さい。●登録方法は、またアナログなことで申し訳ありませんが、「お問い合わせフォーム」から「メール会員希望」とご記入の上、メールアドレス等を入力してください。ゆるい感じのお付き合い、よろしくお願い致します。
りすちゃん
ハウス前に生息する
「りすちゃん」。
旺盛に繁殖する
ワイヤープランツに
取り込まれそうでコワイ。

2014年2月12日(水)
苺栽培の大切なパートナー
ミツバチを守ろう!

多くの作物のポリネーター(受粉者)として欠かせないミツバチ。この小さな働き者がいなければ、苺も栽培できません。ところが近年、この大切なミツバチの大量死が世界的なニュースとなっています。要因の一つとして考えられているのが、「ネオニコチノイド」系の農薬。

EU諸国では昨年12月から使用が禁止されていますが、日本では逆に規制が緩和される動きもあります。あまり知られていませんが、日本の農薬規制は大変ゆるいのです。(ものによっては米国の10倍、欧州の100倍、と言われています。)消費者が「きれいな」作物を望むから、という理由で、農家の多くはこのゆるい規制ギリギリまで農薬を使用し、見た目が「きれいな」作物を出荷するべく努力しています。(たとえばナスは、67月の2か月間で通常20回も農薬散布を行います。20回!

しかし、農薬は「毒物」です。例えばネオニコチノイド系農薬は昆虫、ヒトの
神経系で重要な働きをもつアセチルコリンの正常な働きを攪乱する働きがあります。神経の異常興奮と麻痺により、昆虫を死に至らしめる毒です。これは「浸透性」の薬剤のため、洗っても落ちません。この成分が、ミツバチの大量死の要因であるとともに、ヒトへも様々な健康被害を引き起こしており、薬剤への耐性が脆弱な子ども達の脳の発達にも影響があることがわかってきています。(発達障害など)※当農園では使用しておりませんが、現在でも一般的に広く使用されています。


減農薬や有機栽培は、コストも手間もかかります。それまでの「あたりまえ」を見直すには、たくさんの障害もあります。それでも、環境や健康への悪影響が大きいと疑われる薬剤があるなら、農業者自身が先頭に立って拒否していくべきです。一番暴露(=さらされること)を受けるのは農業者自身でもあるのですから。・・・悩める生産者への一番の励ましは「安全なものが食べたい!」という消費者の皆さんのお声であり、日々の買い物を、そういう視点から少しずつ見直していく行動です。「食」の安全性を高めていく道は、その国、その地域で暮らす人々の意識の高まり次第です。それは、社会全体のあり様も同じ、ですが。


このページのトップへ

   プライバシーポリシー       特定商取引法に基づく表記      お問い合わせ


フッターイメージ